デザイン専攻

グラフィックデザイン
総合デザイン学科

DTPや色彩学などの基礎をはじめレイアウトやタイポグラフィー・コピーライティングなど、商業デザインに不可欠な知識と技術を学びます。また、印刷を基本とする広告デザインやエディトリアルデザイン(編集)を学びながら、視覚伝達デザイン(ビジュアルコミュニケーション)の考え方と技術を身につけます。

めざせる職業

グラフィックデザイナー

デザインを通してメッセージを伝える仕事。広告、雑誌などの印刷物を中心に多岐にわたる領域で活躍できる。

エディトリアルデザイナー

雑誌やカタログなど情報量の多い印刷物を、見やすく分かりやすく編集する仕事。

パッケージデザイナー

お菓子や化粧品など、さまざまな商品の内容や魅力が消費者に伝わるように、容器・包装などのパッケージをデザインする仕事。

DTPオペレーター

編集者やデザイナーの指示に基づき、グラフィックソフトを用いてレイアウトを行い印刷物用のデータを作成する仕事。

コピーライター

企業や商品の説明をするために、新聞や雑誌、ポスター・チラシなどのグラフィックやテレビ・ラジオなどのCMやWEB広告などの文言を書く仕事。

取得できる資格

Illustratorクリエイター能力認定試験

Adobe Illustratorを用いて、提示されたテーマ・素材から仕様に従ってコンテンツを制作する能力を認定する試験。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Adobe Photoshopを用いて、提示されたテーマ・素材から仕様に従ってコンテンツを制作したり、画像編集をおこなう能力を認定する試験。

カラーコーディネーター検定試験

企業の商品開発・販売に関する色彩提案をはじめ、グラフィック・建築・インテリアなど、仕事に役立つ実践的な色彩の知識と技能を認定する試験。

活躍のフィールド

デザイン制作会社

印刷会社の制作部

出版社

広告代理店

一般企業の企画部  ほか