写真・映像専攻

写真・映像
総合デザイン学科

写真・映像はコミュニケーションツールとして欠かせない重要なツール。
カメラ・レンズの知識はもとより基本操作をはじめ、構図やスタジオライティングなどの知識と技術をプロの機材を使って身に付けます。また映像を制作する上で必要な表現方法や編集技術も学びます。
写真スタジオや写真館、映像編集プロダクションなどでの活躍をめざします。

めざせる職業

フォトグラファー(写真家)

写真を撮影する仕事。報道・風景・動物・鉄道など専門分野で活躍する人も多い。

広告カメラマン

企業や商品のパンフレットやチラシ・ポスター作成に必要な写真を撮影する仕事。

ファッションカメラマン

ファッション雑誌や書籍に必要なモデル撮影や衣服などを撮影する仕事。

スタジオカメラマン

広告に使用するための商品撮影や雑誌に掲載するモデルを撮影する仕事。

映像カメラマン

テレビCMや番組・ニュースなどの撮影を行う仕事。

映像編集者

映像や音声を構成して視聴者が興味をひく表現をつくる仕事。

取得できる資格

Illustratorクリエイター能力認定試験

Adobe Illustratorを用いて、提示されたテーマ・素材から仕様に従ってコンテンツを制作する能力を認定する試験。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Adobe Photoshopを用いて、提示されたテーマ・素材から仕様に従ってコンテンツを制作したり、画像編集をおこなう能力を認定する試験。

カラーコーディネーター検定試験

企業の商品開発・販売に関する色彩提案をはじめ、グラフィック・建築・インテリアなど、仕事に役立つ実践的な色彩の知識と技能を認定する試験。

活躍のフィールド

写真スタジオ

写真館

編集プロダクション

広告代理店

デザイン制作会社

出版社 ほか